男性

散骨の多様化で墓いらず!|母なる海から家族を見守っている

多彩な形態の葬式 

線香

最近になって、多彩な形式の葬儀が存在します。一昔前では家族や親戚は勿論、故人と親しい関係の人など多くの人が葬式に参列しました。そのような光景を見たことがある人も数多いのではないでしょうか。ですが、急にお亡くなりになるケースがあるので、そのたびに多くの人への声掛けが難しい場合もあるのです。なるべく、親しい祖納である身内だけで葬儀を済ませてから、後日お別れの会を開くというスタイルもあるのです。それなら、親しい人への通知や挨拶などで、葬式の準備であたふたするリスクが少なくなります。

現在では、一体どのような葬式プランが存在するのでしょうか。まずは、火葬プランから紹介していきます。火葬プランとは、一般的に行なわれる葬儀とは異なりお通夜や告別式と言ったものを排除したものです。葬儀に必要な祭壇や告別式への挨拶での負担が軽減させることが可能なので、経済的にも負担が少なくて済みます。遠方で暮らしている人にとってご遺体の輸送にかかるコストを省略する効果もあります。

簡略的な葬儀もあれば、盛大な葬式も存在します。特に、生前は多くの人と親交を深めていたタイプの人にはうってつけのプランが存在します。大型葬といって、ご家族や親戚以外の人で仕事仲間や趣味仲間などが大勢集まってお別れの会を開くタイプのものです。大規模で、喪主もそれなりに負担が大きいですが、故人がこれほど慕われていたんだと実感できます。それに、大変と言っても葬式関連業者スタッフがサポートに回るのである程度の負担も軽減されます。