男性

散骨の多様化で墓いらず!|母なる海から家族を見守っている

給付金で葬儀代負担軽減

お葬式

葬儀では、どうしても費用がかかってしまうものです。なぜなら、ご遺体運送費用や祭壇の設置に火葬場までのバス手配などで、多彩な費用がかかります。もしくは、葬儀参列者に配布する香典返しなどのギフトの費用もあります。特に、急なお亡くなりになると高額な費用の準備が間にあわないケースもあります。ですが、地方自治体によっては葬儀に関する給付金を配布してくれるところがあります。なるべく、負担が少ない状態で故人とのお別れをしたいなら、早急に利用しましょう。大田区では、区役所に申請すれば約5万円の給付が得られます。それらを葬儀代に当てれば、ある程度の負担を軽減でるので、すぐに利用しましょう。ちなみに、故人が加入していた保険が国民健康保険だった場合は、給付金の金額が変わり最大7万円程の支給が得られます。区によって、金額が異なるので、事前に加入保険に関することを確認しておくのが最適です。

大田区などで、葬儀費の支給を得るには区役所での手続きが必要になります。必要な書類は、健康保険証に死亡証明書、葬儀代の領収書に印鑑です。もし、葬儀業者の領収書が無ければ、葬儀業者に連絡して案内状や礼状などをお願いしておきましょう。申請期間としては、死亡してから2年前後までは受付が可能となっています。心が辛いと感じてしまいますが、大田区などの自治体に足を運んで葬儀費用の負担を軽くする為に制度を利用しましょう。保険証の種類によって異なってきますが適切な給付金を受ける為の手続きを大田区公式サイトで確認してから行ないましょう。